お子さま 若い方々へ・・・コロナワクチンはお勧めできません

私は、昨年から、医療従事者、ご高齢の方々、12歳以上の方々と コロナワクチン接種を行ってきました。 これまで私が接種してきたどの種類のワクチンよりも副反応が多く、脳出血を起こした方がお一人、今まで経験したことの無いような激しい頭痛・高熱など重い症状を訴える方が後を絶ちません。   オミクロン株の流行で、ここ毎日 コロナウイルス感染症の方々を診ています。 ほとんどの方が喉の痛み、2~3日続く高熱、長引くせき込みで、その後はすっかり元気になっておられます。   今 コロナワクチンを5歳から11歳の子どもたちに接種する動きが進められています。 私は、子どもたち 若者の皆さんにとって必要なワクチンではないと思います。 昨年 コロナワクチン接種が始まる前に、ワクチンの効果が70~95%あるとされ ワクチン接種が勧められてきました。   今のコロナウイルスの感染状況をみて、皆様は、コロナワクチンの効果をどのように思われますか? このワクチンは本当に必要でしょうか。   新型コロナウイルスに感染して亡くなる未成年者はとても少ないようです。2月17日に埼玉県で10歳代の方が亡くなられたと報告がありました。 この方はコロナワクチンを2回接種されていたようです。ワクチンを接種していてもウイルスの感染も防げませんし、重症化を防ぐことも出来ません。   また、ワクチン接種後の副反応と考えられる死亡者は、インフルエンザワクチンに比べ、コロナワクチン接種後に亡くなる方は、格段に多い状況です。 国は、ワクチン接種と死亡との関連性を認めていませんが、ワクチンを接種した当日と翌日が最も死亡者が多いのですから、ワクチンとの因果関係があると考えるのが自然です。 コロナワクチンは、スパイク蛋白を作り、このスパイク蛋白が 「ACE2受容体」に結合して「血栓」作り出したり、 白血球の一部である好中球を過剰に刺激して抗体依存性感染増強を繰り返し、全身に炎症反応を起こす危険性があります。   一方、コロナウイルスは変異を繰り返しています。 デルタ株は、「ACE2受容体」に結合して感染し、増殖します。「ACE2受容体」を持つ中高年以降の方が感染し、基礎疾患を持つ方が重症化しました。   オミクロン株は、「プロテアーゼ(カテプシン)」に依存して感 […]

コロナ感染症  終わりの始まり・・

これまでコロナウイルスは血管壁に存在する「ACE2受容体」にウイルスのスパイク蛋白が結合して、私たちの体内に侵入し増殖して、他の方々へ感染を拡げて行きました。 この時、血管に炎症を起こし「血栓」を作ることが、最も深刻な病態でした。 「ACE2受容体」は加齢とともに増えるため、中年以降 高齢者に多く存在します。 動脈硬化・喫煙・肥満・ストレスにより「ACE2受容体」は増えるようです。 このためデルタ株の感染者は大人が主でした。 子ども達には、「ACE2受容体」が殆ど存在しないため 感染しにくかったのです。 新型コロナウイルス感染症の重症化のカギはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)にある COVID-19⑨ – 自然派医師のブログ (shizenha-ishi.com)   これに対し、オミクロン株は「ACE2受容体」に結合することなく、喉・口腔粘膜・鼻腔粘膜の「プロテアーゼ」に依存して分解・吸着し、 主に喉・鼻で炎症を起こしています。 「血栓」を作ることなく重症化しにくいのは、主戦場が喉・鼻などの上気道になったからです。いわゆる以前からある喉風邪・鼻風邪です。   この変化は、コロナウイルス感染症の終わりの始まりだと思います。   また、「プロテアーゼ」は全ての年齢に存在するため、子供も大人も感染することになります。 よく「若者や子供たちはマスクをいい加減につけているから、感染が拡がるのだ!」というような発言を耳にしますが、これは明確に間違っています。   ja (jst.go.jp)   一日当たりの新規感染者が10万人を超えて、心配されている方も多い様です。 以前からお伝えしていますように、インフルエンザの流行時は、一日当たりの感染者数は、およそ30万人でした。 コロナウイルスでも、一日当たり10万人前後の方が感染することにより、集団免疫が形成され感染が急速に収まっていくと思います。 感染症は、感染することによって収束するのです。     今、5歳から11歳の子供さんたちにワクチン接種が行われようとしています。 このワクチンは、遺伝子操作によってスパイク蛋白を作り出し抗体を作ることを狙っていますが、上気道における「プロテアーゼ依存性」を断ち切る作用はありません。 これまでの流行の波とオミク […]

コロナワクチンの副反応に関して

コロナワクチン接種後 体調を崩す方が多く、今までの他の種類のワクチンに比べ とても慎重に対応せざるを得なくなっています。 厚生労働省では、ワクチン接種後の死亡者とアナフィラキシーショックの発生について公表しています。 ワクチン接種と、副反応の発生について関連性は分からない・・・という評価になっています。 じっくりと考えて行く必要があると思っています。 「この注射がどうしても必要なのか、その効果はどれほどの確実性が証明されているか、接種をしない場合のリスクは将来の幸福を左右するほどのものか、 不幸にして副反応の被害を受けた場合、それを背負う覚悟があるのかと、医師も被接種者もその保護者も、真剣に考慮しなければならないであろう。 かりにも『やらないよりましだろう』式の安易な態度で予防接種にのぞんではならないと思う。」(油上修三著 「予防接種の考え方」より)   厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会) (mhlw.go.jp) ワクチン接種後の死亡報告について 000862202.pdf (mhlw.go.jp) 000861755.pdf (mhlw.go.jp)   ワクチン接種後のアナフィラキシーについて 000861756.pdf (mhlw.go.jp) 000861757.pdf (mhlw.go.jp) アメリカにおける5~11歳の子供たちの副反応について(抜粋)