コロナ禍を作り出した「指定感染症」と「PCR検査」

この報道は、2015年1月のものです。 インフルエンザ流行の時は、一週間で200万人前後の方たちが新規に感染し発症しています。 一方で、2021年8月、コロナウイルスの感染が広がり、1日で1万5000人前後の方たちが感染したとして マスコミはセンセーショナルに報道を続けています。   コロナウイルスPCR検査で、「陽性」になると「コロナウイルス感染者」として 発熱や咳などの症状が無くても入院か療養施設へ入所させられてしまいます。 これは、国がコロナ感染を「指定感染症2類」に指定しているため、半ば強制的に入院・入所させられているのです。 (図は、指定感染症に指定された当初のもので、現在コロナウイルス感染症は「2類相当」になっています。) 医療機関で検査して、PCRが陽性になると、その時点で診療はストップとなり、入院施設か療養施設でみていくこととなります。 入院施設では、医師・看護師がしっかりと診療していくので安心ですが、療養施設や在宅では、解熱剤が与えられるぐらいで十分な診療もなく また 療養施設ではお弁当だけの栄養摂取で、外出や運動もできませんので、健全な生活を送ることはできません。  また、PCR検査陽性となれば、その方の行動を包み隠さずオープンにして、濃厚接触者もPCR検査を行い、休職、休学などの大きな制限がかかってしまいます。 このような過度な制限を強いる「指定感染症2類」を解除して、PCR検査の結果にかかわらず、症状のある方をしっかりと町医者が診察し治療を行い、 中等症の方々 重症の方々を入院可能な病院で適切に診ていく事が望まれます。 PCR検査では、他のウイルスの断片を拾ってしまい、コロナ感染では無い方をコロナ感染と誤診する危険性もあります。 PCR検査が陽性であっても、 「陽性イコール感染者」ではないこと、 「陽性イコール発症者」ではないこと 更に言えば「コロナPCR陰性」ではコロナ感染を否定できないことを理解することが大切です。

わたしたちの免疫力

■コロナワクチンは有効か? ワクチンがコロナウイルスをやっつける切り札だと言う報道が溢れています。 多くの方もワクチンを接種すれば感染しにくくなるし、また、他の人に感染させることを防げるのではないかと期待されているようです。 ファイザー製薬から送られてきた資料には以下のような記載があります。 「よくあるご質問について Q 本剤に感染予防効果はありますか? A 海外臨床試験の主要評価項目は感染予防効果ではなく発症予防を検証したものです。本剤接種後も基本的感染対策の徹底をお願いいたします。(原文通り)」 海外では、ワクチン接種をすればマスク着用もいらないし、コロナ禍以前の生活に戻れるという報道がされていますが、ファイザーの説明とは矛盾しているようです。 「発症予防の検証」ですが、資料によると、「なお、この有効性を評価した集団の追跡期間(中央値)は2回目接種後約2カ月時点でした。 本剤の予防効果の持続期間はわかっていませんが、本剤の臨床試験は継続中であり、今後さらに情報が得られる予定です。」と記されています。 ワクチンを接種してもコロナウイルスの感染を防ぐことは難しい様です。 また、重症化の予防についても未だ明確にはわかっておらず 今後も厳正に調査していくことが必要です。   ■ウイルスは敵か味方か? 私たち人類は、ある時にはウイルスや細菌と戦い、また、ある時にはウイルスや細菌を取り込んで生活しています。 味噌や漬物、ヨーグルトなどに含まれる細菌が腸内環境を整えることはよく知られています。 また、私たちの遺伝情報の45%がウイルス由来のものであるという研究もあります。 ウイルスの感染によって人間が進化するという考えも成り立ちます。また、妊娠における胎盤の形成にとってウイルスが存在することで安定した胎盤がつくられたり、ヘルペスウイルスの持続的な感染が他の菌群の感染と発病を防いでいるという報告もあるようです。 つまり、私たち人間の命と健康にとって ウイルスを体内に取り込んでいくことは様々なメリットがあるようです。   ■ウイルスと戦うとき 一方 今回の新型コロナウイルス感染症のように、新たなウイルスに初めて出会ったときに私たちの体は免疫反応を起こし、そのウイルスを排除するのか、または、侵入を許すのかという戦いが始まります。 戦いの戦略は、大きく分けて「自 […]

私たちが病気になる時

私たちが病気になる時、3つの要素が考えられます。 ■1つ目の要素は 「人間の抵抗性」 私たちが抵抗力を持っていれば感染しても発症しません。 癌を克服してきた方々は 体を冷やさず、適切な運動をし、肉や魚の過食を避け玄米菜食を中心に体に負担をかけない暮らしをされています。 逆に言えば、コロナに対する恐怖心、日頃の低栄養、過労、解熱鎮痛剤の安易な内服、コロナ治療時のステロイドの過剰投与等は抵抗力を下げてしまうと思います。 ■2つ目の要素は 「環境」 ①病原体が増えやすい環境 病原体が増えやすい環境は、換気が不十分で、乾燥し、寒く、人が密集する空間。 ②人間が抵抗力を発揮しにくい環境 人が抵抗力を発揮しにくい環境問題は、医療を提供する体制の問題です。 入院治療が医療費を引き上げるとして、国は医療費抑制政策の柱として、入院患者を減らす政策をとって来ました。 肺炎や脳卒中、心臓病などの急病の方を治療する急性期病床を削減し、その一方、高齢者に対応する療養病床を増やし、さらに在宅医療を進めてきました。 このように、急病に対応する入院ベッドを減らした事によりコロナ感染症に対応できなくなりました。 さらに大きな問題は、コロナウイルス感染症を「指定感染症」に認定したために、 コロナと診断された方を重症者も軽症者も入院させてしまい、数少ない急性期病床が埋め尽くされ、重症者への十分な治療が出来ず死亡者が増えてしまいました。 ■3つ目の要因は 「病原体」 コロナウイルスは昨年1月から日本で流行し始めて、現在 累計患者さんが日本国内で約78万人。 一方 例年流行するインフルエンザは 2~4か月で 日本国内約1000万人が感染することから、コロナウイルスは感染の広がりが遅いウイルスです。 感染者の8割から9割が軽症か無症状です。 重傷者は、病状の進み具合がインフルエンザで亡くなる方よりも少し早い印象です。 背景には、先に述べた医療提供体制の問題で十分な治療が受けられず、また、治療薬の副反応も懸念されています。 少なくとも 道端でバタバタと倒れたり、亡くなっている状況ではありません。 インフルエンザウイルスでもコロナウイルスでもどんどん変異していきますが、 冷静に考えれば、決して怖いウイルスではないようです。