お知らせ

コロナ感染 日本・イスラエル・スウェーデンの比較から

以下の表は2021年9月初旬のデータです。 この表の中から、日本、イスラエル、スウェーデンを比較してみます。   各国の人口は2019年のデータでは、 日本 1億2630万人 イスラエル 905万3千人 スウェーデン 1023万人です。 日本は、イスラエルの13.9倍の人口 日本は、スウェーデンの12.3倍の人口になります。   感染者数 日本 155万6998人 イスラエル 111万2964人 スウェーデン 113万525人   死者数 日本 16313人 イスラエル 7154人 スウェーデン 14651人   ワクチン接種率は、 日本 58.09% イスラエル 69.45% スウェーデン 68.66%です。 2021年の早い時期からワクチン接種を加速させたイスラエル。 ワクチンに95%の有効率があると期待されましたが、 累計患者数、死者数を人口比にして日本と比較すれば、 かなり多くの方が感染し死亡しています。 ワクチンの効果は、あまり期待できないと思います。   一方 コロナ流行の当初からロックダウンやマスクをせず、 高齢者のコロナ患者さんに対して命の選別を行ってきたスウェーデン。 日本との人口比で、スウェーデンでも多くの方が感染し死者を出してしまいました。 今年の初めまでは、集団免疫の獲得を目指していましたが、最近ではワクチンの接種率も上昇してきました。 しかしながら、スウェーデンでもワクチンの確かな効果は認められないようです。   生活様式は以前と変わらず 小中学生の生活は、コロナ流行前と同じで普通に通学し授業をうけています、 高校生以上では使えるときにはオンライン授業を行っているとのこと・・ ワクチンの接種率は、日本より少し多いのですが、 ワクチン接種を強要することなく、また、ワクチンパスポートに対し強い抵抗感を持っているようです。 ワクチンを受けない方々の人権も守るべきであるという考えの様です。   スウェーデンでは、多くの患者や死者が出ても、自分たちの生活スタイルを守り通し、 病気や死を静かに受け入れるという価値観の違いが鮮明に表れていると思います。 勿論、多くの死者を出した政府に対してスウェーデンの国民は厳しい視線を浴びせているようです。   一方 私たち日本人は、重症 […]

2021年8月のコロナ感染の流行ついて

「コロナウイルスの感染者が激増して病床がひっ迫している。」との報道が毎日のように流れ、多くの方が大変心配しているようです。 例年、インフルエンザの流行時期は12月から2月の約3か月間で、日本全国で約1000万人の方が感染しています。1000万人を3か月の90日で割ると、一日あたり11万人の方が感染していることになります。また、流行が激しい時は1週間に200万人前後の方が発症しています。 しかし、現在流行中のコロナウイルス感染症の患者数は、流行が多い時は一日あたり1万5千人~2万5千人前後、流行が少ない時は一日当たり数百人程度となっています。   また、未成年者の死亡報告はなく、主に基礎疾患のあるご高齢の方が重症化しているようです。 コロナウイルス感染者の8割から9割の方が軽症か無症状ということを考えると、必要以上に怖がることは無いのかもしれません。 今の時期は熱中症にも十分気をつけて、暑い日は無理をせず、冷房の温度を低めに設定しましょう。ただ、冷房や扇風機の風が直接体に当たると冷えすぎてしまうので注意が必要です。 また、体の冷え過ぎに気をつけながら、麦茶やルイボス茶など水分をこまめに摂り、バランスの良い食事や適切な運動を心がけて生活しましょう。 私たちの免疫力は、コロナウイルスよりも遥かに強いはずです。

未成年の方々へのコロナワクチン接種について

当院では 未成年者の方々へのコロナワクチン接種はお勧めしておりません。 「コロナウイルス感染」と「コロナワクチン接種」における体の反応の違い (挿入図 広島大学大学院医歯薬保健学研究院ウイルス学より・・) コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどは鼻腔や口腔粘膜に感染し増殖します。鼻や口を「家」に例えると「玄関」という局所で感染・増殖し、この時、私たちの体は自然免疫で戦います。 コロナウイルス感染者の8割から9割が、軽症か無症状ですので、この「玄関」での戦いで私たちはコロナウイルスに勝っているようです。   一方、ワクチンでは、注射によって薬液を体内に打ち込みます。打ち込まれた薬液は血流にのって全身に広がります。 「家」に例えると「家全体」に薬液が拡がり「家全体」で全面戦争を起こしてしまいます。 特に、新陳代謝が旺盛な若者は、心筋細胞・脳細胞・生殖細胞に取り込まれ、その部位で過剰な免疫反応が起こってしまうと思わぬダメージを受けてしまうことが心配です。 ワクチンを接種をした全員に過剰な免疫反応が起こることがないことを願っているのですが、安全を約束する明確なデータはありません。   また、「子宮頸がんワクチン」や「コロナワクチン」は遺伝子を操作したワクチンであるため、体内の遺伝情報にどれ程の影響を与えるのか予測がつきません。   このように、 コロナウイルス感染者の多くが軽症か無症状で改善していること。 コロナワクチンが全身に影響を及ぼす危険性があること。 特に若い方は、血流も豊富で代謝も旺盛ですのでより危険性が増すと思います。 以上のことから、当院では 未成年の方々へのコロナワクチンの接種はお勧めしておりません。   コロナウイルス感染は、昔から小児に感染する普通感冒の一種です。「新型」と名前がついて、皆さん心配されていますが、決して怖いウイルスではありません。   若いうちに感染し、体の「玄関」でウイルスに打ち勝ち、自然に免疫を獲得していくことが一番安全だと思います。   また、以下のグラフでお示しするようにコロナウイルス感染症で亡くなった方々の多くはご高齢の方々で、10歳代の方の死亡者は9月29日現在3名と公表されています。   若者は、コロナウイルスよりも遥かに強い免疫力を持っていると思い […]