お知らせ

1月5日開始 コロナ無料検査につきまして

2022年1月5日 16時30分より 鹿児島県の要請により、コロナウイルスの無料検査を実施することとなりました。(発熱や風邪症状のある方はこれまで通り保険診療で行います。) 鹿児島県では,オミクロン株の陽性者が確認されたことを受け、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、 感染に不安を感じる無症状の鹿児島県民の方を対象として、無料でPCR検査・抗原検査を実施することとなりました。 1 無料検査の概要 (1)実施期間 2022年4年1月5日(水)から 2022年1月31日(月)までの期間 (2)実施場所 当院および現時点で県内16箇所の事業所で実施 (3)対象者 感染に不安を感じる無症状の鹿児島県民の方(ワクチン接種済み・未接種を問いません) (4)検査の種類 ・PCR検査(有効期限:検体採取日から3日以内) ・抗原定性検査(有効期限:検査日から1日以内) ●PCR検査は、お一人の検査結果が出るのに約20分必要です。 結果が出た後に次の方の検査に入ります。 このため、1時間に3名程度が限界となる検査になります。 ●抗原検査では4~5人の方を4~5分おきに検査する事が出来ます。 結果は、それぞれ約10分ほどで判明致します。   (5)受検上の留意点 ・発熱など何らかの症状がある方は受検できません。   症状のある方は、まずは、かかりつけ医等の地域の医療機関や受診・相談センターに連絡し、受診についてご相談ください。   ・受検の際は、運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証や学生証などの身分証明書(住所、氏名、生年月日が確認できるもの)をご持参ください。 (住民票を移していない方や住所が確認できない場合は、公共料金振込票等の居住実態が確認できる書類も一緒にご持参ください)。   ・事前に電話連絡をお願い致します。当院の電話番号は 0992821586 です。   詳しくは、県のホームページ等でご確認ください。 鹿児島県/新型コロナウイルス感染症 (pref.kagoshima.jp)    

コロナウイルス陰性証明(ワクチン検査パッケージ)につきまして

基礎疾患をお持ちの方や、ワクチンの副反応に対する懸念などの理由でコロナワクチンを接種されなかった方、また、12歳未満のお子様を対象に、イベント・飲食・旅行・帰省などでコロナウイルス感染の陰性を証明するための検査と、陰性証明証を発行する準備ができました。 検査をご希望の方は、当院までお電話にてお問合せください。 電話番号は  0992821586 です。 (尚、発熱・風邪症状等がある方は、保険診療にて対応することになります。) 当院では、コロナウイルスPCR検査と抗原検査の2種類を行っています。 ●PCR検査での陰性証明は、 検査当日+3日間有効です。 ●抗原検査での陰性証明は、 検査当日+1日有効です。   ★検査方法のご案内 ●抗原検査では4~5人の方を4~5分おきに検査する事が出来ます。 結果は、それぞれ約10分ほどで判明致します。 ●PCR検査は、お一人の検査結果が出るのに約20分必要です。 結果が出た後に次の方の検査に入ります。 このため、1時間に3名程度が限界となる検査になります。 ワクチンを1回接種し、体調不良などで2回目の接種が出来なかった方や、健康上の理由でワクチン接種を見送った方。また、12歳未満のお子様が対象となります。   この度のコロナワクチン検査パッケージは、コロナワクチンを2回接種された方は対象外となります。 コロナワクチンを2回接種された方で、PCR検査・抗原検査ご希望の際には実費での検査となります。 コロナウイルスPCR検査は実費で税込み11000円 コロナウイルス抗原検査は実費で税込み3300円になります。 詳細は以下のリンクからお確かめください。 鹿児島県/PCR等検査無料化事業について (pref.kagoshima.jp) 陰性証明証の必要な「飲食・イベント・移動」具体的な例につきましては、以下のページをご参照ください。 鹿児島県/「ワクチン・検査パッケージ制度」について (pref.kagoshima.jp)    

コロナワクチンの副反応に関して

コロナワクチン接種後 体調を崩す方が多く、今までの他の種類のワクチンに比べ とても慎重に対応せざるを得なくなっています。 厚生労働省では、ワクチン接種後の死亡者とアナフィラキシーショックの発生について公表しています。 ワクチン接種と、副反応の発生について関連性は分からない・・・という評価になっています。 じっくりと考えて行く必要があると思っています。 「この注射がどうしても必要なのか、その効果はどれほどの確実性が証明されているか、接種をしない場合のリスクは将来の幸福を左右するほどのものか、 不幸にして副反応の被害を受けた場合、それを背負う覚悟があるのかと、医師も被接種者もその保護者も、真剣に考慮しなければならないであろう。 かりにも『やらないよりましだろう』式の安易な態度で予防接種にのぞんではならないと思う。」(油上修三著 「予防接種の考え方」より)   厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会) (mhlw.go.jp) ワクチン接種後の死亡報告について 000862202.pdf (mhlw.go.jp) 000861755.pdf (mhlw.go.jp)   ワクチン接種後のアナフィラキシーについて 000861756.pdf (mhlw.go.jp) 000861757.pdf (mhlw.go.jp) アメリカにおける5~11歳の子供たちの副反応について(抜粋)

干し柿を作ってみましょう!

干し柿は、インフルエンザやコロナウイルスなど、多くのウイルスが体内に侵入するのを防ぐ効果がある・・と言いながら、これまで自分で干し柿を作ったことがありませんでした。 先日、スーパーに行くと、干し柿用の渋柿が販売されていたので、干し柿作りに挑戦することにしました。干し柿は高価ですが、渋柿を買って自分で作るとお財布にも優しいです。 妻の母に教えてもらいながら、妻や子どもたちと一緒に「はじめての干し柿つくり」に挑戦してみました。 不器用な私にもできるほどで、思っていたよりも簡単でした。 色々な作り方もあるようです。みなさんも是非挑戦してみてくださいね! 【みんなが作ってる】 干し柿 作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが362万品 (cookpad.com) 柿渋の効果は、広島大学や奈良県立医大で研究されています。 柿渋の強力な抗ウイルス作用を証明 | 広島大学 (hiroshima-u.ac.jp) 植物由来タンニンによる病原性ウイルスの不活化:広範囲のウイルスに対する柿(ディオスピロス柿)からの抽出物の強い影響 (plos.org) MBT柿渋の新型コロナウイルスに対する研究成果について | 奈良県立医科大学 (naramed-u.ac.jp)